熊本の上生菓子~肥後六花~

江戸時代から品種改良を重ねてきた熊本独特の花「肥後六花」。
熊本藩主・細川重賢公の時代に武士のたしなみとして栽培が始まり、門外不出として現在に伝えられています。六つの花に共通する特徴は、花芯の見事なこと、一重一文字咲きの花形、花色の純粋さの三点です。先達が守り続けた秘花を絶やしてはならないという思いを込め、和菓子づくり一級技能士の資格を持つ和菓子職人が、それぞれの花の特徴をつかみ、細部にまでこだわって練切で表現した最上の生菓子です。練切は、白こし餡に求肥を加えて練りあげて細工物を作る、伝統的な和菓子の技法。熊本ならではの逸品をご堪能くださいませ。

 

肥後椿見事な花芯が印象的

二百年前から栽培されてきたともいわれる、最も有名な六花。一重咲きで、花芯が花の内側いっぱいに広がっています。熊本市の花に選ばれており、モチーフとして多く使われています。
内面からピンクが浮き出てくるように、ピンク色の練切に白い練切を重ねて包み、椿の花を模りました。上には練切の葉と網でこして作った花芯をあしらいました。

 

肥後芍薬春の艶やかな蓮華咲き

宵の春風に舞う薄い花弁は、フリルのようにエレガント。濃い緑色の葉も大変美しく、その妖艶さを引き締めています。六花で最も早くから育てられてきたといわれています。
縁を白くした紅色の練切で小豆こし餡を包んで中心にくぼみを作り、8枚の大ぶりな花びらに細工棒でたくさんの筋をつけ、網でこした花芯を包み込みました。

 

肥後花菖蒲雨に濡れた粋な風情

江戸時代に伝えられ、室内観賞用に改良された品種です。3日間しか咲かないとも言われる花の時季は六月。凛と咲く花は花弁がひときわ大きく、さすがは武士のたしなみとされたものです。
中心を黄色から白にぼかした藍色の練切で小豆こし餡を包んで巾着でしぼり、細工棒で大きく3つの花びらに分けて指で形を整え、はさみを小さく3回いれました。

 

肥後朝顔涼しげな夏の朝の一輪

大輪の花に斑入りの葉を持ち、小鉢本蔓一本づくりをする肥後朝顔。古くから育てられている「司紅」は儚く美しい色合いで、鮮やかな紅色の大輪花で、色の再現が難しい品種です。
中心に純白を入れた紅色の練切で小豆こし餡を包み、ヘラを入れて七曜(枚)の花弁を模り、みじん粉(もち粉)で白く斑を入れた練切の葉と蔦、錦玉の露をあしらいました。

 

肥後菊清雅な気品は秋の名花

定められた作法で花壇を作り、定められた数の枝と花を、定められた形になるよう仕立てていきます。一重咲きで細く広がる直線状の花びらは気高く、「四君子」と呼ばれる所以です。
白のぼかしをいれた黄色の練切に、細工棒で細かく32本の花びらの筋を入れ、はさみ切りで8枚の花びらを浮かせ、花芯を押して葉をあしらいました。

 

肥後山茶花冬を彩る華やかな色

花のつく垣根として愛される庭木の一つ、山茶花。秋から冬の花が少ない季節を長く楽しませてくれる可愛らしい花びらは、切れこみのあるハート型です。一重大輪梅芯咲きが特徴。
白くぼかしを入れた淡いピンク色の練切で小豆こし餡を包み、細工棒で花びらを作り、練切の葉と網でこした花芯をあしらいました。

 

 

和菓子一級技能士 鶴田 清也

花の色合い、花びらの形、特徴的な花芯…
一つひとつに心を込めておつくりしています。
熊本が誇る、美しい花をお楽しみください。

 

熊本の上生菓子~肥後六花~(練切)

6個入1,880円(本体価格 1,740円)

肥後椿238円(本体価格 220円)

肥後芍薬238円(本体価格 220円)

肥後菖蒲238円(本体価格 220円)

肥後朝顔314円(本体価格 290円)

肥後菊292円(本体価格 270円)

肥後山茶花238円(本体価格 220円)

日保ち:2日

特定原材料等:無し

販売店舗 白山本店・帯山店・光の森店 の3店舗

お菓子の香梅 店舗一覧



桃こまち

桃こまち

桃の実を入れた桃餡を、桃の香り豊かな生地で包みました。
そのかわいらしい形とともにお楽しみください。

1個 72円(本体価格 66円)

 

 


黄味しぐれ

黄味しぐれ

北海道産小豆と上白糖で炊き上げた餡を卵黄の入った時雨餡で包み、蒸し上げました。
表面のひび割れが、おいしさを誘います。

1個 83円(本体価格 76円)

 

 


黒糖饅頭

黒糖饅頭

北海道産の手亡豆を使用した白餡を、ミネラルたっぷりな黒砂糖を使用した生地で包み蒸上げました。
もちもちした食感をお楽しみください。

1個 72円(本体価格 66円)

 

 


涼 菓

丹波黒豆ぜりぃ

漆黒の色つやが美しい丹波の黒豆を 柔らかく炊き上げ、煮汁と一緒にしました。

1個 324円(本体価格 300円)

涼 菓

八朔ぜりぃ

さわやかな酸味とほろ苦さに上品な甘み。 シャキシャキ八朔をぷるんとゼリーにとじこめました。

1個 270円(本体価格 250円)

涼 菓

小豆水羊羹

絹のようになめらかな口あたり、 後味のよいさらりとした甘味がみずみずしい味わいです。

1個 270円(本体価格 250円)


 
 


水羊羹

水羊羹

絹のようななめらかな口あたり、さらりとした甘味が瑞々しい、口どけの良い水羊羹です。

1個 108円(本体価格 100円)

 

 


あわ雪

あわ雪

純白でふんわり甘いあわ雪に日向夏の苦味がさわやかな後味です。

1個 108円(本体価格 100円)

 

 


阿蘇伏流水まんじゅう

阿蘇伏流水まんじゅう

阿蘇の伏流水を使い、小豆こし餡を葛で包み、桜葉入りの蜜に入れて仕上げた香梅独自の葛まんじゅう。
桜葉の香り、つるりとした喉ごし、さらりとした味わいです。

1パック(6個入) 324円(本体価格 300円)

 

 


わらび餅

歯ごたえのあるモチモチとした食感と、つるりとしたのどごし。
みずみずしく、涼やかな味わいが人気です。

1個 270円(本体価格 250円)

特定原材料:卵・小麦


 


「刀は備前、鍔は肥後」肥後の金工が作る刀の鍔は、サムライたちがあこがれた、最高のおしゃれでした。プロデューサーは利休七哲の筆頭格、細川三斎公です。「きんつば」は、刀の鍔からその名がついた、江戸時代から続く伝統の和菓子。多くは六面焼きの四角形ですが、香梅庵の「肥後鍔」は、まるい三面焼きのきんつばです。こだわりのあずきは北海道産の大納言小豆。その風味をよりひきだすよう、ひかえめながらもキレを加えた甘さ加減。匠の味にさらに磨きをかけました。
 

 

日保ち 3日

【販売店舗】 熊本城香梅庵、熊本空港香梅庵、熊本駅香梅庵、新幹線口店
 


十六夜

ふわっと弾力があるのに、口に入れると溶けるような口当たり。北海道産の手亡豆を使用した餡に卵の黄味をたっぷり入れた黄味餡を、卵白で作った真っ白い生地(淡雪羹)でくるみました。水前寺成趣園にある、古今伝授の間のお茶菓子にも使われています。
 

1個 83円(本体価格 76円)

5~10月日保ち 2日

11~ 4月日保ち 3日
 
 


CASTELLA
かすてら

長崎カステラに代表される、卵の黄身と白身を別々に泡立てる伝統的な「別立て製法」で、ふっくらと仕上げています。独特のしっとりした口当たりと口解けの良さ、卵の風味がしっかり残った、きめの細かいカステラです。

1本 1,338円(本体価格 1,238円)

2本 2,750円(本体価格 2,546円)

3本 4,012円(本体価格 3,714円)

特定原材料:卵・小麦
 
 


香梅のどら焼き

香梅のどら焼

自家製餡のつぶ餡(北海道産小豆)と、一般的な銅板よりも1.5倍近く厚みのある特別な銅板を使用してふっくらと焼き上げた生地。異なる3種類の小麦粉を独自にブレンドした生地はふんわりとした食感が楽しめます。サイズも大きめで、食べごたえのあるどら焼きです。

 1個 124円(本体価格 114円)

 5~10月 日保ち3日 11~ 4月 日保ち5日
 
 


ふた口最中

熊本・菊池産の餅米を使用して香ばしく焼き上げた最中種を使用。その香ばしい香りと北海道産小豆の風味を活かすため、自社製餡所にてシンプルな材料のみを使って炊き上げた自家製のつぶ餡が入っています。

 

5個入 463円(本体価格 428円)

10個入1,001円(本体価格 926円)

20個入2,011円(本体価格 1,862円)

日保ち 10日

 
 


 

熊本地震による阿蘇西原工場の被災に伴い、取扱商品と生産数に限りがございます。
その他の商品につきましては、復旧しだい生産してまいります。
大変ご不便をおかけしますが、ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。

 

・価格の表示は、消費税込み価格、(  )内は本体価格です。

・商品の仕様は、若干変更になる場合もございます。

・各種アレルゲンや日保ちなど、不明な点などございましたら店舗スタッフにお尋ねくださいませ。